聖護院八ッ橋総本店 「黒糖八ッ橋」は軽快な食感と濃厚なコクが楽しめる

聖護院八ッ橋総本店 「黒糖八ッ橋」は軽快な食感と濃厚なコクが楽しめる

こんにちは、八ツ橋マニアのレイ(@mori_rei)です。

このページでは聖護院八ッ橋総本店の「八ッ橋(黒糖)」を詳しく紹介します。

聖護院八ッ橋総本店(黒糖)

カリッとした軽快な食感と、黒糖の深くて濃厚なコクが楽しめる八ッ橋ですよ。

「八ッ橋(黒糖)」は大正時代を再現した八ッ橋

この八ッ橋は京都御所で行われた大正天皇の御大典を記念して発売されたものです。

聖護院八ッ橋総本店(黒糖)

質の高い沖縄産の黒糖を使った八ッ橋で、当時の製法と配合で作られています。

パッケージは時代を感じさせるレトロな絵柄です。

文字が今とは逆に、右から左へと書かれていますね。

パッケージの裏側にも絵が描かれていて、八ッ橋には欠かせない「カキツバタ」と「八橋」が。

聖護院八ッ橋総本店(黒糖)のパッケージ裏面

包み紙を取ると、中には落ち着いた茶色の箱が入ってました。

ふたを開けると「黒糖八ッ橋」と書かれた1枚の紙と、和紙で包まれた八ッ橋が入っています。

聖護院八ッ橋総本店(黒糖)の開封写真

この紙は「八ッ橋(黒糖)」について書かれていますね。大正天皇の御大典を記念して発売された八ッ橋だったんだそう。
八ッ橋(黒糖)の説明

御大典とは、天皇が即位された際に行われる、即位の礼・大嘗祭を合わせて称されます。

薄い和紙を開けると、中から現れたのが黒糖の八ッ橋です。

箱に入った八ッ橋(黒糖)

とても落ち着いた色の八ッ橋ですね。

箱の中には8袋入っていて、それぞれの袋には3枚の八ッ橋が入っています。

全部で24枚。たっぷり食べられますよ。

軽快な食感と濃厚なコク

袋を開けて中身を取り出すと、中から出てきたのは琴の形のような少し曲がった八ッ橋です。

八ッ橋(黒糖)の中身

ニッキの爽やかな香りがおいしそう!

ちなみに黒糖の香りはあまり感じません。

八ッ橋を一口食べてみましょう。

八ッ橋(黒糖)の中身

歯に触れると八ッ橋は心地よい音と共にパリッと割れました。

なんと軽快な噛み心地なんでしょう。

レイ

ザクザク食感が最高!

食べた瞬間はほどよい甘さとニッキの優しい香りが口の中に広がります。

この時点ではまだ黒糖の味はまったくしません。

ところがしばらく噛みしめていると、徐々に味が変化してくるんです。

八ッ橋の中からじゅわっと黒糖の強いコクと甘さが現れてきました。

食べ終わった頃には、黒糖の濃厚な風味で口の中が完全に支配されてる感じ。

がっつり濃厚で、食べ応えのある八ッ橋です。

「八ッ橋(黒糖)」の詳細情報

「八ッ橋(黒糖)」は聖護院八ッ橋総本店の店舗オンラインショップで購入できます。

カロリーは100gあたりで389kcalです。

原材料やカロリーはこちら。

聖護院八ッ橋総本店(黒糖)の原材料など

いろいろな生八ツ橋

詳細な情報

2020-05-27時点の情報です

商品名 黒糖八ッ橋
メーカー 聖護院八ッ橋総本店
価格 756円
賞味期限 90日
原材料 砂糖(黒糖(沖縄県産)・三温糖)、米粉、桂皮末、きな粉(大豆を含む)、けしの実
ショップ https://www.shinise.ne.jp/shogoin/