元禄二年(1689)創業の老舗です。京都には10店舗以上あり、主な観光地でここの八ツ橋が購入できますよ。本物の味を追求しており、店舗販売でのみ購入できます。

「本家桜咲」は純白の皮と美しい桜こしあんが上品な生八ッ橋

創業元禄二年(1689)の老舗・本家八ッ橋が手がける生八ツ橋「本家桜咲」を100種類以上の生八ツ橋を食べてきたマニアが詳しく紹介しています。ニッキを使わない素朴な生八ツ橋の皮は純白で美しく、その中には細かな桜葉を混ぜ込んだ桜あんが。とても上品な味わいの生八ツ橋です。

本家生八ッ橋は純白と繊細なニッキの味わいが魅力

本家八ッ橋が手がける「本家生八ッ橋」は水ニッキを使った美しい白い生八ッ橋です。昔ながらの製法を守って作られる生八ッ橋には、最高級の砂糖といわれる「和三盆糖」も使われています。京都でしか食べられない特別な生八ッ橋ですよ。