真っ白な生八ッ橋と黄色のあんが美しい「スイートポテト八ッ橋」

真っ白な生八ッ橋と黄色のあんが美しい「スイートポテト八ッ橋」

こんにちは、八ツ橋マニアのレイ(@mori_rei)です。

このページでは元禄二年(1689)創業の老舗・本家八ッ橋が手がける秋限定の生八ッ橋「スイートポテト八ッ橋」を詳しく紹介します。

スイートポテト八ッ橋

真っ白な生八ッ橋の皮と、鮮やかな黄色のサツマイモあんがとても上品で美しい生八ッ橋です。

純白の皮とサツマイモの鮮やかなあんがどこまでも上品な生八ッ橋

本家八ッ橋の生八ッ橋の特徴を挙げるとしたら、ぼくは真っ先に白さだと言います。

他のお店の生八ッ橋は淡い黄色や茶色の皮が多いのに比べて、本家八ッ橋の生八ッ橋はとにかく白いんです。

このページで紹介する「スイートポテト八ッ橋」も、もちろん美しい白い皮が印象的。

スイートポテト八ッ橋の開封写真

この皮にはニッキが入っているんですが、水ニッキを使っているのでこれほどまでに白さが際立っているんです。

水ニッキを使わずに、粉末のニッキを使うともっと皮は茶色くなってしまいます。

そして純白の生八ッ橋の中に包まれているのはサツマイモのあん。

鮮やかな黄色が美しく、生八ッ橋の純白と共に上品さを際立たせてくれるんです。

使用しているサツマイモはもちろん国産。

生八ッ橋の皮には貴重な和三盆糖も使っていて、上品な甘さを作り出しています。

やさしいニッキとサツマイモが意外とよく合う

純白の生八ッ橋は見るだけでもため息が出るような美しさ。

スイートポテト八ッ橋の中身

生八ッ橋の皮は薄いんですが、しっかりとした固さもあります。

手に取った瞬間に、皮の薄さとしっかりとした固さが感じられますよ。

皮にはニッキの香りがついているので、ほんのりとやさしいニッキの香りが漂ってきて気持ち良くなってきました。

あくまでもやさしい香りなので、ニッキのツンとした強い刺激は感じません。

これくらいの香りならニッキが苦手な人でも大丈夫かなって思います。

生八ッ橋の皮だけ食べると、ほどよい固さが口の中を心地よく刺激してくれました。

ふわっと香るやさしいニッキの香りと、控えめな甘さがとても上品。

続いてサツマイモのあんと一緒に食べてみましょう。

スイートポテト八ッ橋の断面

皮の中から現れたサツマイモのあんは鮮やかな黄色。

ほのかに甘いあんは、甘さ控えめの皮とよく合うんです。

スイートポテト八ッ橋の断面アップ

ニッキとサツマイモの組み合わせはどうなのか?

そんな風に思うかも知れませんが、意外とニッキとサツマイモは合うんですね。

最後までとにかく上品で、品格を感じさせてくれる上等な生八ッ橋っていう印象を受けましたよ。

「スイートポテト八ッ橋」の詳細情報

「スイートポテト八ッ橋」は本家八ッ橋の各店舗で購入できます。

本家八ッ橋は手作りにこだわっているので、ネット通販は行っていません。

ぜひ京都にあるお店に立ち寄って購入してください。

販売期間は秋。

1箱に10個の生八ッ橋が入っています。

原材料などは次の通りです。

スイートポテト八ッ橋の食品表示
詳細な情報

2018-11-20時点の情報です

商品名 スイートポテト八ッ橋
メーカー 本家八ッ橋
価格 760円
賞味期限
原材料 生地:上用粉(国産)、砂糖、和三盆糖(香川産)、大豆粉(北海道産・遺伝子組み換えでない)、香辛料(水ニッキ)

あん:さつまいも(国産)、砂糖、還元水飴、寒天
ショップ