夏(6〜8月頃)にかけて販売されます。

「あんなま(夏みかん)」は冷やして食べるとおいしい甘いみかんの生八ッ橋

本家西尾八ッ橋が手がける生八ツ橋「あんなま(夏みかん)」を100種類以上の生八ツ橋を食べてきたマニアが詳しく紹介しています。夏限定の「あんなま(夏みかん)」は鮮やかなオレンジ色の爽やかな生八ツ橋。口の中に広がる甘いみかんがおいしいですよ。食べる前に少し冷やして食べるのがおすすめです。

HANNARI くず&つぶあんはぷるんと冷たい食感がおいしい!八ツ橋マニアが徹底紹介

吉祥菓寮が手がける夏限定の生八ツ橋「HANNARI くず&つぶあん」を100種類以上の生八ツ橋を食べてきたマニアが詳しく紹介しています。葛を使ったぷるんとした独特の柔らかな生八ツ橋の皮で、シャキシャキ食感のつぶあんを包んでいます。おしゃれなパッケージもお土産にぴったり。夏になると食べたくなる生八ツ橋ですよ。

うだるような暑さの日にこそ食べたい。寒天入り生八ツ橋「聖涼」は涼しさを運んでくる

聖護院八ッ橋総本店が手がける生八ツ橋「聖涼」を100種類以上の生八ツ橋を食べてきたマニアが詳しく紹介しています。葛と寒天を使った生八ツ橋はつるんとした食感が楽しめる生八ツ橋。中にはあっさりとした上品な甘さのこしあんが入ってます。夏の暑い日にぴったりの生八ツ橋ですよ。

「あんなま(ラムネ)」はさわやかな夏の生八ッ橋

本家西尾八ッ橋が手がける生八ツ橋「あんなま(ラムネ)」を100種類以上の生八ツ橋を食べてきたマニアが詳しく紹介しています。青い生八ツ橋はどんな味なのか不安になりますが、実際に食べるととても爽やか。夏の暑い時には冷たく冷やして食べるのがおすすめです。