聖(山椒)はピリッと痺れる感覚が不思議な生八ッ橋

聖(山椒)はピリッと痺れる感覚が不思議な生八ッ橋

こんにちは、八ツ橋マニアのレイ(@mori_rei)です。

このページでは創業が元禄二年(1689)という老舗八ッ橋屋さん・聖護院八ッ橋総本店が手がける「聖(山椒)」を詳しく紹介します。

聖(山椒)

山椒を入れるという暴挙とも思えるこの生八ッ橋。一体どんな味なんでしょうか?

「聖(山椒)」は老舗・原了郭とのコラボ商品

山椒の生八ツ橋。

はじめてこの生八ツ橋を見た時には目を疑いましたね。

甘い生八ツ橋に山椒を入れるとは気が狂ったのかっ!

このなんとも不思議な生八ツ橋は、聖護院八ッ橋総本店と薬味で有名な原了郭(はらりょうかく)がコラボした商品なんです。

聖護院八ッ橋総本店と原了郭

聖(山椒)の説明書き

すばらしい香りが楽しめる原了郭の山椒はこちら購入できます。

組み合わせはなかなか衝撃的ですが、百年を超える老舗が作り上げたという事実はとても素敵だなぁって感じるんですよね。

パッケージも重厚な歴史を感じます。

聖(山椒)

とても落ち着いた雰囲気で老舗の風格が漂ってますね。

白のパッケージに山椒の文字。

山椒の粉がぱっと振りかけられているようなデザインはとてもいいですね。

ふたを開けると中からは淡い黄色の生八ツ橋が現れました。

聖(山椒)の開封写真

「聖(山椒)」はピリッと舌が痺れる独特な生八ツ橋

生八ツ橋の見た目は結構地味。

聖(山椒)の中身

まあ山椒の生八ツ橋ですからねぇ。

生八ツ橋の皮は黄色っぽいんですが、一般的なニッキのような爽やかな黄色じゃないです。

ちょっと灰色がかった黄色っていうんですか?

そういう地味な色の生八ツ橋の皮ですよ。

生八ツ橋から透けて見える餡もまた地味。

透けて見える少しグレーがかった餡がまた渋いこと!

表面には薄くきな粉が振りかけられてます。

生八ツ橋を手に取り香りを確かめると、ニッキのほのかな香りがするような。

さらに山椒のピリッとした香りも感じられますね。

生八ツ橋を半分に切ると、中からはちょっとくすんだベージュ色の餡が現れました。

聖(山椒)の断面

この餡、よく見ると中に小さな粒々が入ってるんです。

レイ

これが山椒です!

餡ごとすぐに食べたい気持ちを抑えて皮だけ。

生八ツ橋の皮はねっとりとした食感で、やさしくニッキの香りが楽しめます。

次に山椒あんと一緒に食べてみますよ。

一口目にはしっかりしたこしあんの甘さが口の中に広がります。

その後にじわ~っと山椒の香りが。

こしあんの甘さに山椒のいい香りが不思議と合いますね!

時間が経つとさらに山椒の香り、刺激が強くなってきました。

ピリッとした刺激から、じーんという痺れるような感覚。

舌が軽く痺れて感覚が鈍くなってるのが分かります。

山椒あんを噛むと少しじゃりっという食感なんですよ。

まさに山椒ですよ、この食感は。

食べ終わった後にもしばらく舌は痺れてるので、余韻も楽しめますね。

この生八ツ橋は本当に独特だなぁ。

ちなみにぼくは大好きです。

「聖(山椒)」の詳細情報

「聖(山椒)」は聖護院八ッ橋総本店の各店舗オンラインショップ、京都駅などのお土産店で購入できます。

ぼくは京都駅直結のジェイアール京都伊勢丹の地下1階、聖護院八ッ橋総本店のお店で買いました。

1箱には8個の生八ッ橋が入っています。

原材料等は以下の通りです。

聖(山椒)の栄養成分表示

原材料などはこちら。

聖(山椒)の食品表示

詳細な情報

2019-05-04時点の情報です

商品名 聖(山椒)
メーカー 聖護院八ッ橋総本店
価格 600円
賞味期限 12日
原材料 山椒あん(白生あん、砂糖、水飴、粉山椒、寒天)、砂糖、米粉、きな粉(大豆)、酵素(大豆由来)、香料(ニッキ)
ショップ https://www.shinise.ne.jp/shogoin/