八ツ橋の定番の味といえばニッキ。ほぼすべてのメーカーで取り扱っているので、食べ比べもおもしろいです。

nikiniki(ニキニキ)のヤツハシ・シリアル。八ツ橋のふわっとサクサク食感がおいしい新感覚のシリアルだよ

聖護院八ッ橋総本店の新ブランド「nikiniki(ニキニキ)」の八ツ橋を使ったシリアル「ヤツハシ・シリアル」の紹介です。サクサクの薄い八ツ橋にドライレーズンとドライバナナが入っていた新感覚のシリアルです。そのまま食べるのはもちろん、ミルクをかけたりアイスにトッピングしたりといろんな楽しみ方があります。

令和を記念して発売された特別な生八ッ橋「聖(令和)」

令和を記念して発売された特別な生八ッ橋「聖(令和)」を紹介します。紅白の生八ッ橋で包まれているのはつぶあん。ニッキのさわやかな風味とつぶあんのおいしさが楽しめますよ。中身は正月限定の「聖(祝菓)」と同じです。

井筒八ッ橋本舗・あん入り生八ツ橋の起源「歌舞伎銘菓 夕霧」は網笠模様の格調高い和菓子だった

井筒八ッ橋本舗が手がける、元祖のあん入り生八ッ橋「歌舞伎銘菓 夕霧」の紹介です。昭和22年に作られたあん入り生八ッ橋「夕霧」は歌舞伎に因んだ網笠模様のあん入り生八ッ橋。たっぷりと小倉あんが包み込まれているのが特徴です。友人など大切な人へのお土産に持参したい一品ですね。

月に2回しか販売されない超高級生八ツ橋「かぐわしき八ッ橋」は八ツ橋マニア必食のクオリティ

本家西尾八ッ橋が手がける超高級生八ッ橋「かぐわしき八ッ橋」の紹介です。厳選された贅沢素材を使って作られた生八ッ橋はビックリするほどのおいしさ。京都産コシヒカリ、京都産宇治抹茶、北海道産大納言の贅沢な味わいを堪能できます。販売は毎月1日15日の2日間だけ。販売店舗も限定されている貴重な生八ッ橋です。

「あんなま 冬の三色」は「黒豆」の生八ツ橋が必食

本家西尾八ッ橋が手がける生八ツ橋「あんなま 冬の三色」を100種類以上の生八ツ橋を食べてきたマニアが詳しく紹介しています。個包装されたニッキ、抹茶、黒豆の3種類が楽しめる生八ツ橋。これでしか食べられない黒豆の生八ツ橋は必食ですよ。お正月以外の冬に購入できます。

「迎春あんなま 古都始め」は白みそがおいしすぎるので必食!

本家西尾八ッ橋から発売されている新春限定の生八ッ橋「迎春あんなま 古都始め」の紹介です。紅白のおめでたい生八ッ橋はニッキと白味噌風味。白味噌は新春にしか食べられない珍しい味なのでぜひとも食べてほしいです。個別包装されているので、いつでもやわらかな生八ッ橋が楽しめるのも嬉しいですね。

「聖(祝菓)」はキラキラ光る美しい紅白の生八ッ橋。たっぷりのつぶあんがおいしいよ

聖護院八ッ橋総本店が手がけるお正月限定の生八ッ橋「祝菓」の紹介です。紅白の生八ッ橋はニッキ味。中にはたっぷりのつぶあんが包み込まれています。お正月らしく華やかな生八ッ橋でお正月を過ごしてはいかがですか?実際に食べた感想や購入できる場所などを紹介しています。