HANNARI(ホワイトチョコレート)は濃厚なホワイトチョコの甘さがきわだつ生八つ橋

HANNARI(ホワイトチョコレート)は濃厚なホワイトチョコの甘さがきわだつ生八つ橋

こんにちは、八ツ橋マニアのレイ(@mori_rei)です。

このページではきな粉スイーツ専門店の吉祥菓寮が手がける「HANNARI(ホワイトチョコレート)」を詳しく紹介します。

HANNARI(生チョコレート)

濃厚なホワイトチョコレートの甘さがクセになる、とてもおいしい生八つ橋です。

北海道産の濃厚生クリームとホワイトチョコレートが作り出す濃厚な味わい

吉祥菓寮が手がける「HANNARI(ホワイトチョコレート)」はとても美しい真っ白な生八つ橋。

HANNARI(生チョコレート)

中に入っているのは濃厚な味わいのホワイトチョコレートです。

厳選されたホワイトチョコレートに、水あめとたっぷりの生クリームを使ったオリジナルのホワイトチョコレートが中に入っています。

茶色のカカオ豆と白いホワイトチョコレートのコントラストが美しい、オシャレな箱に入っている新感覚の生八つ橋なんです。

これはお土産に持っていっても喜ばれそう。

ちなみに生八つ橋といえばニッキですが、この商品にはニッキは使われていません。

ホワイトチョコレートの風味を活かすためです。

ニッキが苦手な人でもおいしく食べられる生八つ橋ですよ。

パッケージを開けると、中には2パックの生八つ橋が入っています。

HANNARI(生チョコレート)の開封写真

それぞれ5個ずつ入っています。

きわだつホワイトチョコレートのおいしさ

「HANNARI(ホワイトチョコレート)」は真っ白な生八つ橋。

HANNARI(生チョコレート)の中身

その表面にはたっぷりの粉がついてるので、食べる時はこぼれないように細心の注意を払ってください。

横着すると粉が服やズボンにこぼれて泣きたくなります。

特に生八つ橋も粉も白いので、ぱっと見た感じ粉がついてるって分からないのが困ったところです。

それにしても生八つ橋は白くて本当に美しい!

ホワイトチョコが入ってるところだけうっすらと生八ッ橋の皮が黄色っぽくなるんですけど、これがまた実に美しいんです。

顔を近づけると、ホワイトチョコ独特のあの濃厚な甘い香りが漂ってきます。

このにおいをかぐだけで食欲をそそられてもう大変。

レイ

まずは皮から食べてみます

生八つ橋の皮は本当に柔らかくて、口に入れた瞬間にすっと噛み切れるのが感動的。

ねっとりしすぎて口の中にへばりつく感じがするのはちょっと苦手なんですけど、これは好みの問題かな。

生八つ橋の皮はそれだけ食べても十分美味しいですね。

結構甘くて、チョコレートの風味も感じるような気が。

ただ、表面の粉はやっぱり気になっちゃいます。

もう少し粉っぽくなければもっとおいしいのにって思いました。

中にはたっぷりのホワイトチョコレート。

HANNARI(生チョコレート)の断面

濃厚な味わいのホワイトチョコレートは、口の中にとろけるように広がっていきます。

ホワイトチョコの濃厚な甘さがきわだっていますね。

これが和菓子の生八つ橋であること完全に忘れさせてくれます。

味わいとしては洋菓子と言ってもいいくらい。

ぼくはコーヒーと一緒に食べたんですけど本当に美味しかったですよ。

かなり甘いので、無糖のブラックコーヒーが合います。

「HANNARI(ホワイトチョコレート)」の詳細情報

「HANNARI(ホワイトチョコレート)」は吉祥菓寮の店舗オンラインショップで購入できます。


1箱には10個(5個入りが2パック)入っています。

一年を通して購入できる商品です。

原材料などは次の通り。

HANNARI(生チョコレート)の食品表示
詳細な情報

2020-09-27時点の情報です

商品名 HANNARI(ホワイトチョコレート)
メーカー 吉祥菓寮
価格 648円
賞味期限 10日
原材料 米粉、砂糖、チョコレート(ホエイパウダー、砂糖、ココアバター、生クリーム、還元水飴、全粉乳)、加工澱粉、酵素、酒精、乳化剤(大豆由来)、香料
ショップ http://store.kisshokaryo.jp/