京栄堂 生八ッ橋(抹茶)は薄くてほどよい抹茶が味わえる生八ッ橋

京栄堂 生八ッ橋(抹茶)は薄くてほどよい抹茶が味わえる生八ッ橋

こんにちは、八ツ橋マニアのレイ(@mori_rei)です。

このページでは「生八ッ橋(抹茶)」を詳しく紹介します。

京栄堂「生八ッ橋(抹茶)」

京栄堂にはこの抹茶の生八ッ橋以外にも、定番のニッキもありますよ。

八ッ橋好きならどちらも買って食べましょう。

さて、この生八ッ橋を手がける京栄堂は京都の東にある山科・椥辻(なぎつじ)に本店があるお店です。

京栄堂椥辻本店

ちょっとメインストリートから奥まった場所にあるので、分かりにくいんですが古風ないい感じのお店でした。

40枚とたっぷり楽しめる生八ツ橋?

この生八ツ橋は「ニッキ」と並んで定番の「抹茶」味です。

この生八ツ橋を見た時、まず驚いたのは値段です。

40枚も入っているのに324円なんです!

めちゃくちゃ安くないですか?

お店の方に聞くと、もう20年以上値段はそのままなんだとか。

すごいですね!

ぼくが購入したのは家庭で食べるのにピッタリな簡易なプラスチックの容器に入ったもの。

京栄堂「生八ッ橋(抹茶)」

ニッキの生八ッ橋には5枚ずつ個包装した商品があるんですが、この抹茶の生八ッ橋には個包装のものはありません。

5枚ずつ入った生八ッ橋(ニッキ)

京栄堂 春吹雪

細長い容器には緑色の生八ッ橋がずらっと並んでます。

一見大きなシートのようにも見えますが、生八ッ橋は小さな短冊状に切り取れますよ。

この容器の中には短冊状の生八ッ橋が全部で40枚(5枚×8段)入ってるんで、たっぷり食べられて嬉しいです!

もちろん贈りものにもピッタリな箱入りの生八ッ橋もありますよ。

60枚入り、120枚入りとビッグサイズです!

京栄堂生八ッ橋(箱入り)

ほどよい抹茶がおいしい

容器に入ってる生八ッ橋は深い緑色。

これを見ると、濃厚な抹茶の苦味をイメージしますよね。

でも、実際に生八ッ橋を1枚取り出してみると最初のイメージとはずいぶん違ったんです。

手に取った瞬間に感じたことは薄い!ってこと。

いつもよく食べてる他のお店の生八ッ橋と比べると、3分の2くらいの厚さじゃないですかね?

ガッツリと食べ応えのある生八ッ橋とはちょっと違う上品な感じですね。

薄いので生八ッ橋がとっても取りやすいのは素晴らしいです!

生八ッ橋を取り出してみると、色は想像よりずっと薄いんですよ。

深い緑色ではなくて、どちらかというと鮮やかな緑色。

京栄堂「生八ッ橋(抹茶)」の中身

薄くて鮮やかな緑色をした生八ッ橋の表面にはきな粉がふりかけられているので、香ばしいきな粉の香りもしますよ。

一方で抹茶の苦みを感じるような香りはかなり控えめです。

生八ッ橋を一口食べて感じるのは甘さ。

生八ッ橋をじっくりと噛みしめると、甘さがじわっと口の中に広がります。

そして少し時間をおいて抹茶のほどよい香りと苦味。

抹茶の苦味はそれほど強くなくて、とても食べやすいですよ。

生八ッ橋自体がとても薄いんでいくらでも食べられそう。

気をつけないと軽く40枚一気に食べてしまえます。

生八ッ橋(抹茶)の詳細情報

「生八ッ橋(抹茶)」は京栄堂のお店で購入できます。

商品ラインナップは3種類です。

  • 40枚入り:324円
  • 60枚入り:565円
  • 120枚入り:1,131円

原材料などはこちら。

京栄堂「生八ッ橋(抹茶)」の原材料など

詳細な情報

2019-03-26時点の情報です

商品名 生八ッ橋(抹茶)
メーカー 京栄堂
価格 324円
賞味期限 12日
原材料 米粉、砂糖、きな粉(国産大豆使用)、抹茶、酵素、クチナシ色素、紅花色素
ショップ http://www.kyoeidou.jp/shopping/