西尾為忠商店の生八ッ橋は注文してから手作り!無添加でおいしいよ

西尾為忠商店の生八ッ橋は注文してから手作り!無添加でおいしいよ
2020年7月13日

こんにちは、八ツ橋マニアのレイ(@mori_rei)です。

このページでは西尾為忠商店の「あん入り生八ッ橋」を詳しく紹介します。

西尾為忠商店「あん入り生八ッ橋」と「抹茶あん入り生八ッ橋」

京都に生八ッ橋は本当にたくさんありますが、今回紹介する生八ッ橋はかなり珍しいものなんです。

京都でたった3ヶ所でしか買えない

京都の街を歩くといたるところに八ッ橋が売られているのが目に入ってきます。

京都の街は八ッ橋まみれといっても過言ではないでしょう。

そんな中、「西尾為忠商店」の生八ッ橋は京都でも3ヶ所でしか買えないんです。

いずれも西尾為忠商店の直営店。

  • 清水店
  • 新京極店
  • 銀閣寺店

清水店は京都随一の観光地・清水寺の近くです。

新京極店は京都一の繁華街である河原町に近い場所。

銀閣寺店はその名の通り、銀閣寺の近くですね。

どのお店も京都の有名な観光地の近くにあります。

お店はこんな感じ。素朴でいいですね。

西尾為忠商店のお店

店頭では八ッ橋(焼いたものです)を焼いています。なかなかこんな光景みられませんよ!

この生八ッ橋は通販もしてないし、駅などでも買えません。

京都に来たら是非とも食べてもらいたい、そんな生八ッ橋なんです。

生八ッ橋は注文してから手作りしてくれる

このお店の最大の特徴はなんといっても、出来たてを作ってくれることです。

一般的な八ッ橋屋さんでは、生八ッ橋は箱詰めされた状態で店頭に並んでいます。

ところが、西尾為忠商店では注文を受けてからあんこを包んでくれるんです。

このシステムには衝撃を受けましたね。

お店の人が一つずつ生八ッ橋の皮であんを包んでくれます。

かきつばたと川にかかる橋(八橋)のイラストが描かれた箱に入ってます。

西尾為忠商店「あん入り生八ッ橋」箱

かきつばたと八橋については、こちらのページで詳しく紹介していますよ。

最後はこんな感じで密封袋の中に入れてくれますよ。

西尾為忠商店「あん入り生八ッ橋」開封写真

ちなみに注文してから一つずつ作ってくれるので、お店で少し待たないといけません。

待っている間に生八ッ橋を出していただきました。おいしそう!

店頭で待っている時間に出してもらった生八ッ橋

手前の長細いものが「生八ッ橋」、奥にあるのがあん入り生八ッ橋です。

黒いのがつぶあんで、緑が抹茶あん。

最後はこんな感じで包んでくれます。日持ちは約5日だそうですが、新鮮なうちに早めに食べた方がいいですね。

西尾為忠商店「あん入り生八ッ橋」外観

ちなみに日が経って少し固くなってしまったら、軽く焼くか温めて食べるといいそうです。

西尾為忠商店「あん入り生八ッ橋」説明

あん入り生八ッ橋はめずらしい四角い生八ッ橋

これが西尾為忠商店のあん入り生八ッ橋です。

西尾為忠商店「あん入り生八ッ橋」

レイ

これが生八ッ橋?

最初見たとき、本当に驚きました。

生八ッ橋といえばイメージするのはこんなやつです。

あんなま ニッキ(こしあん・つぶあん)の中身

でも、これが西尾為忠商店の生八ッ橋なんです。

形も驚きですが、生八ッ橋の皮の色も印象的ですよね。

西尾為忠商店「あん入り生八ッ橋」

この生八ッ橋は「ニッキ」味なんですが、色が本当に白い!

この生八ッ橋にはニッキの粉末ではなくて、水ニッキが使われているんです。

粉末を使っていないので、これほどまでの白さが出せるのでしょう。

生八ッ橋の皮は薄くて、表面は微かにきなこが振りかけられていてとても滑らか。

レイ

美しい!

中にはつぶあんがたっぷりと入っていますよ。

西尾為忠商店「あん入り生八ッ橋」断面

食べる前の作法として、まずはしっかりと香りを確かめましょう。

生八ッ橋を手に取り香りをかぐと、ほんのりとニッキの香りが漂います。

一般的なニッキの生八ッ橋と比べて、その香りはとても繊細です。

生八ッ橋を一口。

しっかりとした歯ごたえのある皮ですね。薄いけど存在感のある皮は独特。

この生八ッ橋の皮にはニッキが使われているのですが、ほのかに香る程度なのでニッキがあまり得意でない人でもおいしく食べられそう。

かすかにピリッとした刺激を感じる、とても繊細な味わいですよ。

西尾為忠商店「あん入り生八ッ橋」断面アップ

中に入っているつぶあんはほどよい甘さで、小豆の皮のシャキッとした食感がいいですね。

抹茶あん入り生八ッ橋は白い皮と緑のあんが美しい

抹茶あん入り生八ッ橋は、ニッキの生八ッ橋で抹茶あんのこしあんを包んだもの。

西尾為忠商店「抹茶あん入り生八ッ橋」

生八ッ橋の皮はつぶあんが入った「あん入り生八ッ橋」と同じで、白さとしっかりとした歯ごたえが印象的です。

この生八ッ橋の素晴らしいのはその色合い。

真っ白な生八ッ橋の皮に包まれている抹茶あんがとても美しいですよね。

西尾為忠商店「抹茶あん入り生八ッ橋」断面

生八ッ橋を一口食べると、やさしいニッキの香りに続いて優しい抹茶の香りが楽しめます。

抹茶あんはとても滑らかで上品な口当たりですよ。

西尾為忠商店「抹茶あん入り生八ッ橋」断面アップ

抹茶あんといってもそれほど苦みがあるわけではありません。

じっくりと口の中で噛みしめると、じわっと出てくる心地よい苦みと香りが特徴。

食べ終わった後、口の中にやさしく残る抹茶の余韻がとてもいい。

じっくりと味わいたい生八ッ橋です。

「あん入り生八ッ橋」の詳細情報

「あん入り生八ッ橋」は西尾為忠商店の3店舗のみで購入できます。

西尾為忠商店の3店舗
店名 住所・電話番号
清水店 京都市東山区清水2-232
TEL:075-541-4926
新京極店 京都市中京区新京極通三条下ル桜之町406
TEL:075-211-3943
銀閣寺店 京都市左京区銀閣寺町75
TEL:075-771-0791

清水寺へ行くなら「清水店」、京都の繁華街・河原町の近くなら「新京極店」、銀閣寺の近くには「銀閣寺店」がありますよ。

観光地の近くにお店があるので、立ち寄りやすいですね。

※清水店は建て替え工事しているので、仮店舗で営業中です。詳しくはWebサイトで確認してください。

清水店仮店舗のご案内 | 元祖八ツ橋 西尾為忠商店[公式サイト]

ちなみに八ッ橋の聖地・聖護院には本店がありますが、ここでは買えないのでご注意を。

京都に来たなら珍しい生八ッ橋をぜひどうぞ!

価格はこちら。

  • 14個:780円
  • 20個:1,100円
  • 24個:1,310円

「あん入り生八ッ橋」と「抹茶あん入り生八ッ橋」の原材料はこちら

西尾為忠商店「あん入り生八ッ橋」原材料など

詳細な情報

2018-11-20時点の情報です

商品名 あん入り生八ッ橋、抹茶あん入り生八ッ橋
メーカー 西尾為忠商店
価格 780円
賞味期限 5日
原材料 【あん入り生八ッ橋】砂糖、米粉(国産)、小豆、きな粉(大豆)、酵素、水ニッキ
【抹茶あん入り生八ッ橋】砂糖、米粉(国産)、白い豆(テボ)、きな粉(大豆)、抹茶、酵素、水ニッキ
ショップ