9月限定「夜長月(よながづき)」はプチプチした白ごまの食感と香ばしさがおいしい生八つ橋

9月限定「夜長月(よながづき)」はプチプチした白ごまの食感と香ばしさがおいしい生八つ橋

こんにちは、八ツ橋マニアのレイ(@mori_rei)です。

2018年から「おたべ」に新シリーズが登場しました。

月によって中身のあんが変わる「今月のおたべ」です。

コンセプトは「月ごとに味が変わる」。

その月だけしか味わうことのできない特別なおたべが楽しめるんです。

このページでは9月限定の生八つ橋「夜長月(よながづき)」を詳しく紹介します。

夜長月(よながづき)

プチプチ食感が楽しいゴマを使った生八つ橋です。

白ごまを使った2つの味が楽しめる生八つ橋

「夜長月(よながづき)」は「白ごま」を使った生八つ橋。

パッケージに描かれているのは「萩の花」です。

「夜長月(よながづき)」はニッキを使わない柔らかな生八つ橋で、白ごまのあんを包んでいます。

2種類の白ごまが同時に味わえるのが大きな特徴です。

  • すりつぶした白ごま
  • そのままの白ごま

香りがいいのはすりつぶした白ごまです。

そしてゴマはプチプチとした独特の食感も忘れてはなりません。

そのプチプチ食感は、そのままの白ごまが味わわせてくれるんです。

2種類の白ごまが一緒になっているので、この生八つ橋はゴマのおいしいところを余すところなく楽しめるってわけ。

パッケージを開けると5個入りのパックが2つ入ってました。

夜長月(よながづき)の開封写真

口いっぱいに広がる白ごまの豊かな風味

パッケージを開けると白ごまの香ばしい香りが漂ってきました。

この香りをかぐだけでも一気に食欲が刺激されます。

夜長月(よながづき)の中身

 白い生八つ橋の皮で白ごまのあんを包んでいます。

夜長月(よながづき)の断面

生八つ橋はとても柔らかくてふわふわ。

手に取ると潰れてしまうのではないかと思うほどです。

生八つ橋をゆっくり口の中へ。

その瞬間、口の中には白ごまの香ばしい香りが広がります。

もちろん香りだけじゃありませんよ。

白ごまのプチプチとして食感もとてもよくて、食べていて本当に気持ちいいんです。

すりつぶした白ごまと、そのままの白ごま。

2つの白ごまが楽しめるぜいたくな生八つ橋です。

「夜長月(よながづき)」の詳細情報

「夜長月(よながづき)」はおたべの取扱店オンラインショップ、京都駅などのお土産店で購入できます。

1箱には10個の生八つ橋入り。

カロリーは1箱あたり684kcalです。

原材料などは次の通り。

夜長月(よながづき)の食品表示

詳細な情報

2019-09-21時点の情報です

商品名 夜長月(よながづき)
メーカー 美十
価格 713円
賞味期限 12日
原材料 砂糖(国内製造)、米、練り白ごま、煎り白ごま、きな粉(大豆を含む)、加工でん粉、酵素
ショップ https://www.otabe.jp/