井筒の生八ッ橋(抹茶)は抹茶の豊かな香りと苦みが楽しめる生八ツ橋

井筒の生八ッ橋(抹茶)は抹茶の豊かな香りと苦みが楽しめる生八ツ橋
2020年4月19日

井筒八ッ橋の生八ッ橋は味がしっかりしているので好きです。

ニッキの生八ッ橋もしっかりと刺激があっておいしかったんですが、抹茶もおいしいですよ。

井筒の生八ッ橋 抹茶は抹茶の濃厚な苦み、すばらしい香りが楽しめます。

「井筒の生八ッ橋(抹茶)」はどんな生八ツ橋?

この生八ッ橋を手がけるのは文化二年(1805)創業の井筒八ッ橋本舗。

 井筒の生八ッ橋(抹茶)

京都にある八ッ橋屋さんの中でもかなり歴史のあるお店なんです。

なんと200年以上も歴史があるっていうから驚き。

そんな老舗中の老舗が手がける生八ッ橋が「井筒の生八ッ橋(抹茶)」です。

「井筒の生八ッ橋(抹茶)」は濃厚な抹茶が堪能できる

この生八ッ橋は大きなパックに入っているので、たっぷり食べられるのが嬉しいです。

 井筒の生八ッ橋(抹茶)の開封写真

ぼくは皮の生八ッ橋が大好きなので、こんなに大きなパックにたっぷり28枚も入っているから嬉しすぎます。

柔らかな生八ッ橋は濃厚な抹茶の香りがしてとってもおいしそう。

井筒の生八ッ橋(抹茶)の中身

生八ッ橋が舌に触れた瞬間、抹茶の苦みが舌の先をドンと刺激します。

レイ

この苦みが最高!

そして口の中に、しっかりした苦みがふわっと広がっていくんです。

生八ッ橋は薄くてねっとりとした食感。

井筒の生八ッ橋(抹茶)の中身アップ

やわらかくて、食べていると上顎の部分に八ッ橋がくっつくほどなんです。

甘さのちょうどよくて、抹茶の苦みといい感じで調和しています。

あまりにもおいしいので、開封したら全部食べきってしまうまで気づかないことも。

くれぐれも食べ過ぎ注意です。

井筒の生八ッ橋(抹茶)の詳細情報

井筒八ッ橋本舗(抹茶)は井筒八ッ橋本舗の各店舗オンラインショップ、京都駅などのお土産店、近隣県のサービスエリアなどでも購入できます。

販売しているお店は多いです。

カロリーは1枚あたり19kcalなので、1パック全部食べると532kcalになります。

おいしいからと言って食べすぎには注意しましょう!

原材料など

井筒の生八ッ橋(抹茶)の原材料など

カロリーなど

井筒の生八ッ橋(抹茶)のカロリーなど

井筒八ッ橋本舗のおいしい生八ツ橋たち

抹茶の生八ツ橋以外にも、ピリッとした刺激が心地よい「井筒の生八ッ橋(ニッキ)」や「むかし生八ッ橋」などもおいしいですよ。

ニッキとのセットもあります。

井筒の生八ッ橋(ニッキ・抹茶)

詳細な情報

2020-07-13時点の情報です

商品名 井筒の生八ッ橋(抹茶)
メーカー 井筒八ッ橋本舗
価格 378円
賞味期限 15日
原材料 米粉、砂糖、きな粉、抹茶/トレハロース、着色料(クチナシ色素、紅花色素)、酵素、(一部に大豆を含む)
ショップ https://www.shinise.ne.jp/izutsu/