井筒の生八ッ橋(ニッキ)は強いニッキが香りが心地いい

井筒の生八ッ橋(ニッキ)は強いニッキが香りが心地いい
2020年4月19日

ニッキが好きなら井筒八ッ橋が一番!

ニッキ好きのぼくが言うのだから間違いありません。

井筒のなま八ッ橋はとにかくニッキの香りがとても強くて、ニッキを食べてるなぁってすごく実感できるのがすごくいい。

「井筒の生八ッ橋(ニッキ)」はどんな生八ツ橋?

この生八ツ橋を手がけるのは文化二年(1805)創業の井筒八ッ橋本舗。

京都にある八ツ橋屋さんの中でもかなり歴史のあるお店ですよ。

さらっと文化二年と書いてますが、かるく200年以上前ですからね。

そんな老舗中の老舗が手がける生八ツ橋が「井筒の生八ッ橋(ニッキ)」です。

井筒の生八ッ橋(ニッキ)

深い茶色の生八ツ橋なんですが、これはニッキの粉末を使っているからなんですよ。

ニッキ好きたまらない、強い香りはこれから来てたんですね。

「井筒の生八ッ橋(ニッキ)」はニッキのピリッとした刺激がたまらない

この生八ツ橋は大きなパックに入っているので、たっぷり食べられます。

井筒の生八ッ橋(ニッキ)の開封写真

皮の生八ツ橋が大好きなんで、大きなパックにたっぷり入っているだけでも興奮もの。

袋を開けた瞬間漂うニッキのいい香り。

ニッキの爽やかな香りと、たっぷりの生八ッ橋にテンション上がりまくりです。

生八ッ橋はニッキの粉末が使われているので、しっかりとした茶色をしています。

そしてそのまわりにうっすらと見える粉はきなこ。

すぐに口の中に入れたい気持ちを抑えて、まずは香りだけ楽しみましょう。

ニッキの爽やかな香りを思う存分かいで、「これから生八ッ橋を食べるんだ」っていう気分を盛り上げるんです。

生八ッ橋を1枚手に取り、顔の前へ。

目をつぶって深呼吸。

ニッキの香りを全身で感じてください。

十分にニッキの香りを楽しんだら、次は実際に食べてみますよ。

生八ッ橋を1枚ゆっくりと口の中へ。

ゆっくりと噛みしめると、生八ッ橋は結構もっちりとしていて粘り気があるのに気づくはず。

生八ッ橋自体は薄いんですけど、この粘り気とニッキの強い風味がするため食べ応えはバツグンです。

井筒の生八ッ橋(ニッキ)の中身

1枚だけにしておこうなんて考えて食べ始めたものの、気づいたら半分以上食べていたなんてこともよくあること。

病みつきになるので、しっかりと自分を律して八ッ橋を楽しんでくださいね。

井筒の生八ッ橋(ニッキ)の詳細情報

「井筒のなま八ッ橋(ニッキ)」は井筒八ッ橋本舗の各店舗オンラインショップ、京都駅などのお土産店などいろんなところで購入できます。

京都以外でもサービスエリアなどでも購入できるんでチェックしてみてください。

今回紹介した単品の場合、簡易パッケージなので自宅用にピッタリです。

自宅用にピッタリなパッケージ

井筒の生八ッ橋(ニッキ)

送りものにはニッキと抹茶がセットになってるものがいいでしょう。

井筒の生八ッ橋(ニッキ・抹茶)

1枚あたりのカロリーは19kcal。

1パック全部食べると532kcalにもなってしまうので、食べ過ぎにはご注意を。

原材料などは次のとおり。

井筒の生八ッ橋(ニッキ)の食品表示

詳細な情報

2020-04-19時点の情報です

商品名 井筒の生八ッ橋(ニッキ)
メーカー 井筒八ッ橋本舗
価格 378円
賞味期限 15日
原材料 米粉、砂糖、きな粉、桂皮末(ニッキ)/トレハロース、酵素、(一部に大豆を含む)
ショップ https://www.shinise.ne.jp/izutsu/