ピンクのルビーショコラを使った「ルビーショコラのおたべ 」甘酸っぱいベリーがおいしい生八つ橋だよ

ピンクのルビーショコラを使った「ルビーショコラのおたべ 」甘酸っぱいベリーがおいしい生八つ橋だよ

こんにちは、八ツ橋マニアのレイ(@mori_rei)です。

このページでは美十が手がける「ルビーショコラのおたべ」を詳しく紹介します。

ルビーショコラのおたべ

「ルビーショコラのおたべ」は珍しいルビーカカオを使った生八つ橋

生八ッ橋を買うために、いつものように京都駅前地下街・ポルタにある「京名菓」へ。

京都駅前地下街ポルタの京名菓

ここは4大八ツ橋メーカーが一堂に揃う場所なんで、八ツ橋を購入するにはもってこいの場所。

JRや地下鉄にも近くて便利なこともあって、ぼくはここで八ツ橋を買うことが多いんです。

いつものようにふらっとおたべの店の前を通った時、目に鮮やかなピンクが飛び込んできました。

新発売になったルビーショコラのおたべ

レイ

な、なんだ!?

新商品には敏感に反応してしまうんですよね。

こんな生八ッ橋見たことない。めちゃくちゃ興奮です。

ルビーショコラのおたべ

一見イチゴか桜の生八ッ橋に見えますが、実はこれルビーチョコレートを使った生八ッ橋なんです。

ルビーショコラのおたべの説明

ルビーチョコレート?

ホワイトチョコは聞いたことあるけど、ルビーってなによ?

初めて名前を聞くルビーチョコレート。それが生八つ橋になってしまったいう衝撃。

こんなの興奮しないわけがないでしょ!

お店の人にさっそく聞いてみました。

店員さん

期間限定の生八つ橋ですよ

期間限定なのは分かったんですが、ルビーチョコレートについては詳しくは分かりません。

そして販売期間も、いつまで販売するのかははっきりとはわからないんだそう。

店員さんの予想では多分5月ぐらいまでじゃないかなっていう話でした。

あとで公式サイトで調べたら5月上旬まで発売予定みたいですね。

あくまで「予定」なんで、いつまで販売するのか断言できない店員さんの事情もよくわかりました。

おたべにはルビーショコラのおたべと同じような「ショコラのおたべ」があるんですが、これも販売期間は10月から5月頃まで。

ショコラのおたべ
ショコラのおたべ

チョコレートを使っているので寒い時期にしか販売しないんでしょうね。

それにしても気になるのはルビーチョコレートですよ。

この生八つ橋には木苺のピューレが使われているんで、この鮮やかなピンク色が本当にチョコレートそのものの色なのかっていうのは気になりますよね。

そしてパッケージもまたいいじゃないですか。

かわいらしいピンクのパッケージ。箱は横にスライドして開くようになってるんですよ。

ルビーショコラのおたべの開封写真

アーモンドチョコレートとかでよくある、横にスライドさせて取り出すタイプの箱です。

箱を開けると中には5つ入りの生八つ橋のパックが2パック入ってました。

ルビーショコラのおたべのパッケージと中身

生八ッ橋の皮はうっすらと黄色がかった色。

その皮の中にはピンク色のチョコレートが透けて見えます。

香りをチェックしてみたんですけど、そんなにチョコレートやイチゴの香りもしません。

とにかく透けて見えるピンク色のチョコレートがすごく食欲をそそります。

レイ

早く食べたい!

第4のチョコレート「ルビーチョコレート」

チョコレートといえば有名なのはミルクチョコレート、ダークチョコレート、ホワイトチョコレートですよね。

日本でもおなじみのチョコレートですが、ルビーチョコレートは2017年にはじめて世に出た新しいチョコレートなんです。

チョコレートの色は鮮やかなピンク色。

なにか着色料を使っているように思うかも知れませんが、自然の色だっていうから驚きですよね。

今から10年以上前に、チョコレートの専門家がカカオ豆の中に特別な成分が含まれているのを発見。

この成分を含んだカカオ豆がルビーカカオ豆と呼ばれて、特別な製法でルビーチョコレートになります。

この成分は特殊な自然条件で作られるようで、ブラジル、エクアドル、コートジボワールなどでルビーカカオが作られてるんです。

だからルビーカカオっていう種類のカカオが存在するんじゃないです。

ちなみにルビーチョコレートを使った商品が初めて販売されたのは日本と韓国。

キットカットがはじめてなんですよ。

「ルビーショコラのおたべ」はベリーの爽やかさと濃厚なチョコがたまらなくおいしい

生八ッ橋の皮はさすがおたべ。

独特の少し厚めでとっても柔らかな。そしてふわっとした食感です。

ルビーショコラのおたべの中身

まずは皮だけを食べてみますね。

とっても柔らかくて素朴な味わいです。

もちろんニッキは入ってないですよ。

ニッキが大好きでニッキの生八ツ橋が一番だと思ってるぼくですが、さすがにチョコレートにニッキはないと思っているので「ニッキなし」は正解です。

チョコレートのおいしさをまったく邪魔しない、とてもシンプルで素朴な味わい。

おたべは皮に使う米にもこだわっているので、皮が本当においしいんですよね。

皮だけ食べたいのに、おたべには皮だけ生八ツ橋が存在しないという悲劇…

おたべのこだわり素材はこちら。

  • 米:国産のコシヒカリ
  • 水:毎日運んでくる若狭の水

皮の話はこのくらいにして、肝心のルビーチョコレートを食べてみましょう。

チョコを一口食べた瞬間、木苺の甘酸っぱさが口の中にふわっと広がりました。

ルビーショコラのおたべの断面

その後を追うようにチョコレートのねっとりとした脂質を感じます。

酸味と甘みと脂質のねっとりとした食感と重厚感。

それらがじわじわと口の中で集合してとても豊かな気持ちにさせてくれますね。

それでいて後味は結構さっぱり。

最後までしっかりと木苺の酸味が楽しめるんですよ。

見た目もピンクでとってもかわいいし、おしゃれなパッケージだからお土産にもぴったり。

和と洋がうまく融合した美味しい生八ッ橋です。

「ルビーショコラのおたべ」の詳細情報

「ルビーショコラのおたべ」はおたべのお店オンラインショップ、京都駅などのお土産店で購入できます。

購入できるのは冬から春先にかけての寒い時期です。

ぼくが購入したのは11月で、春の5月頃まで販売しているみたい。

箱の中には2パック、それぞれ5個ずつ生八ッ橋が入っています。

1箱あたりのカロリーは722kcalです。

ルビーショコラのおたべの食品表示・栄養成分表示
詳細な情報

2019-11-15時点の情報です

商品名 ルビーショコラのおたべ
メーカー 美十
価格 660円
賞味期限 10日
原材料 砂糖(国内製造)、米、チョコレート(砂糖、ココアバター、脱脂粉乳、全粉乳、カカオマス)、バター、木いちごピューレ、洋酒、転化糖、寒天加工品(粉あめ、寒天)、きな粉(大豆を含む)、トレハロース、酸味料、乳化剤、クエン酸、香料、酵素
ショップ https://www.otabe.jp/