冬(12〜2月頃)にかけて販売されます。

大吟醸の豊かな香りがすばらしい「夕子(鳳麟菓)」

文化二年創業の老舗・井筒八ッ橋本舗が手がける純米大吟醸「鳳麟」を使った生八ツ橋「夕子(鳳麟菓)」を紹介します。月桂冠の特撰純米大吟醸酒を白あんに加えた特別なあんは、食べると心地よい日本酒の香りが口の中に満ちあふれます。

一度に一年分の生八つ橋が楽しめる「四季のおたべ」

春から冬までの季節限定の生八つ橋が一度に楽しめる画期的なおたべ「四季のおたべ」を紹介します。1箱に4個ずつの季節のおたべが入っています。「桜こしあん」「わらび餅風抹茶こしあん」「栗あん」「黒豆」が楽しめますよ。

「あんなま 冬の三色」は「黒豆」の生八ツ橋が必食

本家西尾八ッ橋が手がける生八ツ橋「あんなま 冬の三色」を100種類以上の生八ツ橋を食べてきたマニアが詳しく紹介しています。個包装されたニッキ、抹茶、黒豆の3種類が楽しめる生八ツ橋。これでしか食べられない黒豆の生八ツ橋は必食ですよ。お正月以外の冬に購入できます。

ニッキと柚子の共演!聖護院八ッ橋総本店「聖・旬菓 ゆず」

聖護院八ッ橋総本店のあん入り生八ッ橋「聖 柚子」は冬限定の生八ッ橋です。柚子とニッキ、個性的な2つのフレーバーを同時に味わえる贅沢で斬新な生八ッ橋なんですよ。個性的な「聖 柚子」のおいしい食べ方と食べた感想を紹介しています。

ふわっふわ!みたらし入りの生八ツ橋「みたらしおたべ」

冬限定の生八ッ橋「みたらしおたべ」の紹介です。京都が発祥の八ッ橋とみたらし団子。この2つが融合したおいしい生八ッ橋。ニッキを使っていないふわふわの生八ッ橋の皮で、とろっとしたみたらしをやさしく包んでいます。まるでみたらし団子を食べているかのよう。