「あん入り」、「皮だけ」でもない八ツ橋です。

nikiniki(ニキニキ)のヤツハシ・シリアル。八ツ橋のふわっとサクサク食感がおいしい新感覚のシリアルだよ

聖護院八ッ橋総本店の新ブランド「nikiniki(ニキニキ)」の八ツ橋を使ったシリアル「ヤツハシ・シリアル」の紹介です。サクサクの薄い八ツ橋にドライレーズンとドライバナナが入っていた新感覚のシリアルです。そのまま食べるのはもちろん、ミルクをかけたりアイスにトッピングしたりといろんな楽しみ方があります。

井筒八ッ橋本舗・あん入り生八ツ橋の起源「歌舞伎銘菓 夕霧」は網笠模様の格調高い和菓子だった

井筒八ッ橋本舗が手がける、元祖のあん入り生八ッ橋「歌舞伎銘菓 夕霧」の紹介です。昭和22年に作られたあん入り生八ッ橋「夕霧」は歌舞伎に因んだ網笠模様のあん入り生八ッ橋。たっぷりと小倉あんが包み込まれているのが特徴です。友人など大切な人へのお土産に持参したい一品ですね。

「石涼み」は黒みつと一緒に食べる夏の冷たい生八ッ橋

聖護院八ッ橋総本店が手がける、夏限定の生八ッ橋「石涼み」は寒天を使った涼しげな生八ッ橋です。生八ッ橋といってもお餅のような四角いもので、黒みつをかけていただきます。冷たくした石涼みは暑い夏に食べたくなるおいしい生八ッ橋です。

八ッ橋マニア必食!きな粉と黒蜜まみれの元祖八ッ橋「白餅」

本家西尾八ッ橋が手がける「白餅」は、昔昔の生やつはし。生八ッ橋のもとになったお菓子とも言われています。米粉のお餅はさわやかなニッキの香り。それはまさに生八ッ橋です。きなこと黒蜜をたっぷりかけて食べるぜいたくなお餅です。