紫の生八ッ橋「あんなま(ブルーベリー)」は甘酸っぱさがクセになる

紫の生八ッ橋「あんなま(ブルーベリー)」は甘酸っぱさがクセになる

こんにちは、八ツ橋マニアのレイ(@mori_rei)です。

このページでは、「チョコミント」や「ラムネ」などビックリするような生八ツ橋を次々手がける本家西尾八ッ橋の「あんなま(ブルーベリー)」を詳しく紹介しますよ。

あんなま(ブルーベリー)

初めてみたらギョッとするような紫色の生八ツ橋です。

「あんなま(ブルーベリー)」はフルーティーな夏限定の生八ツ橋

このブルーベリーの生八ツ橋はとにかく見た目がすごいですよね。

本家西尾八ッ橋は元禄二年(1689年)創業の老舗の中の老舗なんですが、本当にいろんな生八ツ橋を世に送り出しています。

その種類は豊富で、季節によってたくさん美味しい生八ツ橋が食べられるんです。

中でもこのブルーベリーを初めて見たときにはビックリしましたよ。

あんなま(ブルーベリー)

事もあろうに紫色の生八ツ橋なんて……

これまで見たこともなかったんですから。

でもね、見た目が凄いから味がおかしいなんてことはないんです。

紫色だけどすっごくフルーティー。

こしあんとブルーベリーの甘酸っぱさがクセになる生八ツ橋なんです。

ブルーベリーの甘酸っぱさが口いっぱいに広がる

ビックリするような紫色の生八ツ橋。

あんなま(ブルーベリー)の中身

表面にはうっすらと白い粉がついてます。餅取り粉のような感じの粉ですね。

生八ツ橋の皮は薄めで柔らか。

レイ

紫色の生八ツ橋はどんな味かな?

まずは皮だけ食べてみましょう。

レイ

特にブルーベリーの味はしないなぁ…

生八ツ橋の皮は特にブルーベリーの味はしませんね。色のついた普通の生八ツ橋です。

特徴としては食感ですかね。

皮は少しねっとりとした食感で口の中にへばりつきます。

濃厚な食感の生八ツ橋です。

あっ、ちなみにニッキは入ってませんよ。

生八ツ橋の皮で包まれているのは紫色のこしあん。

あんなま(ブルーベリー)の断面

紫色のこしあんとはなんとも毒々しい感じもしますねぇ。

続いてこの紫のこしあんも一緒に食べてみましょう。

こしあんを一口食べるとブルーベリーの爽やかな甘酸っぱさが口の中に広がっていきます。

あんこなんだけどとっても爽やかで美味しいですね。フルーティーなこしあんはなかなか新鮮です。

食べた後はブルーベリーの爽やかな酸味とあんこの甘さがふわっと口の中に残ります。

「あんなま(ブルーベリー)」の詳細情報

あんなま(ブルーベリー)は本家西尾八ッ橋のお店オンラインショップなどで購入できます。

ただ、取り扱ってるお店は少ない印象。本店、新京極、清水寺などでは買えると思います。

夏限定の商品で、1パックに5個入り250円です。

原材料などは以下の通り。

あんなま(ブルーベリー)の食品表示

詳細な情報

2019-06-12時点の情報です

商品名 あんなま(ブルーベリー)
メーカー 本家西尾八ッ橋
価格 250円
賞味期限 7日
原材料 砂糖・米粉・いんげん豆・澱粉・ブルーベリー・還元水飴/トレハロース・酵素・クチナシ青色素・コチニール色素(一部に大豆を含む)
ショップ https://www.8284.co.jp/products/index