「迎春あんなま 古都始め」は白みそがおいしすぎるので必食!

「迎春あんなま 古都始め」は白みそがおいしすぎるので必食!

こんにちは、八ツ橋マニアのレイ(@mori_rei)です。

1689年創業、八ッ橋の老舗・本家西尾八ッ橋が手がけるお正月限定の生八ッ橋「迎春あんなま 古都始め」を紹介します。

迎春あんなま 古都始め

年末から年始にかけてわずかな期間しか販売されない貴重な生八ッ橋なんで、見かけたらぜひとも食べてほしいです!

「迎春あんなま 古都始め」は正月限定の生八ッ橋

「迎春あんなま 古都始め」はその名の通り、新年を祝うおめでたい生八ッ橋。

お正月らしい紅白の生八ッ橋なんです。

「迎春あんなま 古都始め」は紅白の生八ッ橋

紅白の生八ッ橋はそれぞれこうなっています。

京都といえば白みそ。

この白い生八ッ橋は白みその甘い味わいが楽しめる生八ッ橋なんです。

販売されるのは年末年始の約3週間ほどで貴重な生八ッ橋ですよ。

紅の中から真っ黒な箱が登場!高級感漂うパッケージ

「迎春あんなま 古都始め」はとても華やかなパッケージ。

ピンクのグラデーションが美しい包み紙には、優しいタッチで伏見稲荷、東寺、清水寺、渡月橋などの名所がたくさん描かれています。

「迎春あんなま 古都始め」のパッケージ

金色の文字や餅花がお正月のおめでたい感じをより一層引き立ててくれていますね。

よく見ると桜の花びらや雪の結晶も空を舞っていて、冬だけど春のような暖かさを感じます。

心がホッとするような包み紙を開けると現れたのは、包み紙とはまったく対照的な真っ黒な箱。

「迎春あんなま 古都始め」の黒い箱

包み紙の華やかで温かな感じから一転。

キュッと身が引き締まるような感じがします。

このギャップもお正月らしい特別感を出しているようです。

ポップなイメージが強い本家西尾八ッ橋なので、こういう格調高い生八ッ橋はめずらしいですね。

これは非常にいいですね!食べる前から期待が膨らみます。

個別包装されている紅白の生八ッ橋

真っ黒な箱のふたを開けると中には紅白の生八ッ橋が。

「迎春あんなま 古都始め」は個別包装の生八ッ橋

ずらっと並ぶ紅と白の生八ッ橋は、ほんとうにお正月らしくておめでたい感じ。

淡い紅と白がとても上品ですよね。

この生八ッ橋は個別包装されていて食べやすいのも嬉しいです。

「迎春あんなま 古都始め」の個包装された生八ッ橋

個別包装されているので、いつでも柔らかなおいしい生八ッ橋が食べられます。

一度開封した生八ッ橋はどんどん固くなっていっておいしくなくなってしまうんです。

この生八ッ橋だったらそんな心配はいりません。

食べたい時にすぐに柔らかくておいしい生八ッ橋が食べられます。

賞味期限は1週間ほどなので、毎日少しずつ楽しめるのがいいですね。

「紅」はニッキとつぶあんがおいしい

紅の生八ッ橋はニッキ味。

「迎春あんなま 古都始め」の紅

生八ッ橋の定番「ニッキ」の皮が紅になったものです。

淡い紅はとても上品。

通年購入できる「ニッキ」味とまったく同じかどうかは分かりませんが、優しいニッキの香りがとてもおいしい生八ッ橋ですよ。

生八ッ橋の皮は少し薄めでとても柔らか。

もっちりとした食感の皮からはニッキの爽やかな香りと甘さがじわっとあふれ出します。

中にはつぶあんが入っています。

「迎春あんなま 古都始め」紅の断面

つぶあんに入っている小豆の皮がおいしい!

つぶあんの量は控えめで、パクッと食べられる上品な生八ッ橋です。

「白」は塩気と甘みが絶妙な白みそ味

白の生八ッ橋は白みそ風味。

「迎春あんなま 古都始め」の白

まず驚くのが柔らかさです。

手に取るとぐちゃっと潰れてしまいそうなほどに柔らかいんです。

ガラスを持つように慎重に手に取ります。

レイ

ふわっとしたこの感じがたまらない!

生八ッ橋の皮は少し黄みがかった白。

この生八ッ橋にはニッキが入っていないので、皮だけ食べるととても素朴な味わいなんですよ。

そして驚くのがあんのおいしさ。

「迎春あんなま 古都始め」白の断面

一口食べた時の衝撃といったら……

味噌の心地良い塩気と香ばしい香りが口の中に一瞬のうちに広がるんです。

レイ

なんとおいしい生八ッ橋なんだ!

もっちりとしたピュアな味わいの生八ッ橋の皮。

そしてあまりにも豊かで主張の強い味噌。

口の中で皮とあんが混じり合って、強烈な幸福感に包まれてしまうんです。

なんとおいしい生八ッ橋を作るんだ。

感動してしまいました。

これはぜひとも食べてほしい!

「迎春あんなま 古都始め」の詳細情報

「迎春あんなま 古都始め」は12/26から1/15までの期間限定販売です。

本家西尾八ッ橋の各店舗で購入できます。

ぼくが購入したのは京都駅直結のジェイアール京都伊勢丹、地下1階の本家西尾八ッ橋の店舗。

小さな売店などでは取り扱っていないこともあるので、事前に取扱があるか確認するのをおすすめします。

本店に行けば確実です。

1箱には個別包装の生八ッ橋が全部で10個入っています。

詳細な情報

2018-12-26時点の情報です

商品名 迎春あんなま 古都始め
メーカー 本家西尾八ッ橋
価格 1,000円
賞味期限 7日
原材料 【紅】
砂糖、米粉、小豆、きな粉、桂皮油、酵素、着色料(赤色104号、赤色106号)

【白】
砂糖、米粉、味噌加工品、白生餡、きな粉、水飴、寒天、酒精、酵素、調味料(アミノ酸)、漂白剤(亜硫酸塩)
ショップ https://www.8284.co.jp/products/index