4月限定「花残月(はなのこりつき)」はカリッと香ばしいくるみを使った生八ッ橋

4月限定「花残月(はなのこりつき)」はカリッと香ばしいくるみを使った生八ッ橋

こんにちは、八ツ橋マニアのレイ(@mori_rei)です。

2018年から「おたべ」に新シリーズが登場しました。

月によって中身のあんが変わる「今月のおたべ」です。

コンセプトは「月ごとに味が変わる」。

その月だけしか味わうことのできない特別なおたべが楽しめるんです。

このページでは4月限定「花残月(はなのこりつき)」を詳しく紹介します。

花残月(はなのこりつき)

香ばしいくるみが入った生八つ橋

4月限定のおたべは「花残月」です。

「花残月」は春の名残ということで「春牡丹」がパッケージには描かれていますよ。

花残月(はなのこりつき)

「花残月(はなのこりつき)」はくるみを使った生八つ橋。

花残月(はなのこりつき)のしおり

くるみのコリッとしたかわいい食感のあとに木の実特有の風味が北海道十勝地方産小豆の風味とともに広がります。

特別栽培米から作られた米粉を使ったやわらかな生八つ橋。

その生八つ橋で香ばしいくるみが入ったあんを包んだ、食べていて楽しい生八つ橋なんです。

大きめのくるみは存在感バツグン!

「花残月(はなのこりつき)」を手に取ります。

ふわっとしたやわらかな触感の生八つ橋は、さすが「おたべ」ですね。

生八つ橋のまわりにはたっぷりきな粉がかかっています。

花残月(はなのこりつき)の中身

ふわっと香るきな粉のいい香りは食欲をそそりますよね!

 生八つ橋にはニッキが使われていないので、つぶあんとくるみの味がそのまま楽しめます。

花残月(はなのこりつき)の断面

ひとくち食べるとおいしいつぶあんが口の中に広がります。

小豆の皮のシャリッという歯触りも最高。

さらにカリッと香ばしいくるみがおいしいんですよ。

くるみは結構大きな塊なので、香ばしさと食べ応えもあります。

これは4月だけとは言わずに通年で販売してほしいなぁ。

「花残月(はなのこりつき)」の詳細情報

「花残月(はなのこりつき)」はおたべの取扱店オンラインショップ、京都駅などのお土産店で購入できます。

1箱に10個入り。

1箱あたりのカロリーは693kcalです。

原材料などは次の通り。

花残月(はなのこりつき)の食品表示
詳細な情報

2019-04-22時点の情報です

商品名 花残月(はなのこりつき)
メーカー 美十
価格 660円
賞味期限 約12日
原材料 砂糖(国内製造)、米、小豆、くるみ、きな粉(大豆を含む)、酵素
ショップ https://www.otabe.jp/