12月限定「春待月(はるまちづき)」はさわやかなオレンジと濃厚なチョコがおいしい生八つ橋

12月限定「春待月(はるまちづき)」はさわやかなオレンジと濃厚なチョコがおいしい生八つ橋

こんにちは、八ツ橋マニアのレイ(@mori_rei)です。

2018年から「おたべ」に新シリーズが登場しました。

月によって中身のあんが変わる「今月のおたべ」です。

コンセプトは「月ごとに味が変わる」。

その月だけしか味わうことのできない特別なおたべが楽しめるんです。

このページでは12月限定の「春待月(はるまちづき)」を詳しく紹介します。

春待月(はるまちづき)

甘いチョコレートとオレンジを包んだ洋風な生八つ橋ですよ。

とろけるチョコレートとさわやかなオレンジを包みこんだ生八つ橋

「春待月(はるまちづき)」は洋風の生八つ橋。

春待月(はるまちづき)の開封写真

ニッキを使わない素朴な味わいが特徴の生八つ橋で、チョコレートとオレンジが包み込まれています。

春待月(はるまちづき)のしおり

12月にはチョコレートを使った生八つ橋はたくさん登場してくるので、洋風の生八つ橋を食べるならこの時期がおすすめです。

美十が販売しているチョコレートを使った生八つ橋を3つ紹介しますね。

甘いチョコレートとオレンジのさわやかさが絶品!

箱を開けると白い生八つ橋が現れました。

春待月(はるまちづき)の開封写真

手に取るととても柔らかくてふっくらとしています。

ほのかに漂ってくるチョコレートの甘い香りが食欲をそそりますね。

春待月(はるまちづき)の中身

生八つ橋の中にはとろけるようなチョコレートがたっぷりと入っていますよ。

チョコレートの生八つ橋には「チョコレートだけをつかったもの」と「チョコレートと白あんが混ざったもの」の2種類あるのですが、この生八つ橋はチョコレートだけのタイプです。

春待月(はるまちづき)の断面

口に入れるとなめらかなチョコレートがとろけるような食感を作り出していきます。

ふわっと口の中に広がるチョコレートの甘さがたまりません。

口に入れた瞬間にはチョコレートの甘さが強かったんですが、1秒以内にオレンジのさわやかな香りが後に続いて口の中いっぱいに広がっていくんです。

オレンジの香りはとてもさわやかで清々しい心地よさ。

チョコレートとオレンジが、和の生八つ橋とよく合います。

もっちりとした生八つ橋に、濃厚でさわやかなチョコレートとオレンジがとてもおいしいですね。

チョコレートの中には大きめにカットしたオレンジの皮が入っているので、食感とさわやかさが生八つ橋をよりおいしくしてくれます。

クリスマスのあるこの12月に是非食べたい、洋の生八つ橋です。

「春待月(はるまちづき)」の詳細情報

「春待月(はるまちづき)」はおたべの取扱店オンラインショップ、京都駅などのお土産店で購入できます。

1箱10個入りです。

カロリーは1箱あたり724kcalと、他の生八つ橋と比べて少し高め。

原材料などは次の通りです。

春待月(はるまちづき)の食品表示
詳細な情報
商品名 春待月(はるまちづき)
メーカー 美十
価格 660円
賞味期限 10日
原材料 砂糖(国内製造)、米、チョコレート(カカオマス、砂糖、ココアバター、全粉乳、ココアパウダー)、オレンジ砂糖漬け(オレンジピール、砂糖、水あめ、洋酒)、バター、洋酒、転化糖、寒天加工品(粉あめ、寒天)、きな粉(大豆を含む)/ トレハロース、酒精、乳化剤、香料、酵素
ショップ https://www.otabe.jp/