「夕子(ニッキ・抹茶詰合せ)」はピリッと刺激的なニッキと食べやすい抹茶の定番生八ツ橋

「夕子(ニッキ・抹茶詰合せ)」はピリッと刺激的なニッキと食べやすい抹茶の定番生八ツ橋

こんにちは、八ツ橋マニアのレイです。

生八ツ橋の定番といえばニッキと抹茶。

いろんな八ツ橋屋さんがこの定番の味を販売していますが、それぞれお店によって個性があります。

このページでは文化二年創業の老舗・井筒八ッ橋本舗が手がける「夕子(ニッキ・抹茶詰合せ)」を詳しく紹介しますね。

夕子(ニッキ・抹茶)

「夕子(ニッキ・抹茶詰合せ)」は定番の2つの味が楽しめるお得なセット

生八ツ橋といえばニッキと抹茶が定番の味。

「夕子(ニッキ・抹茶詰合せ)」はこの2つの味が楽しめるお得なセットですよ。

井筒八ッ橋本舗ではミルキー日本酒を使った生八ツ橋など、いろいろと珍しい味のものがあります。

お土産に生八ツ橋を持って行く時には珍しい味のものも選びますが、定番の「ニッキ」「抹茶」も必ず持っていくようにしています。

やっぱり生八ツ橋は「ニッキ」と「抹茶」は外せないですね。

1箱に2種類入っているのでお得。

夕子(ニッキ・抹茶)開封写真

「ニッキ」は粉末のニッキを使っているので色が濃いのが特徴です。

「抹茶」は鮮やかな緑で美しい。

夕子(ニッキ・抹茶)

「ニッキ」はピリッとした刺激が心地よい

「ニッキ」は粉末のニッキを使っているので茶色いです。

聖護院八ッ橋総本店本家西尾八ッ橋の生八ツ橋は精油を使ってるから白い色をしてますが、夕子の場合は粉末なのでしっかりとした茶色い生八ツ橋になっています。

生八ツ橋にはたっぷりきなこがかかっていて、パックを開封した時に漂ってくる爽やかなニッキの香りが食欲をそそります。

夕子(ニッキ)

生八ツ橋の皮は薄めで、中にはつぶあんが入ってます。

まずは皮だけ食べてますね。

もっちりとほどよい噛み応えのある生八ツ橋の皮は、食べた瞬間にニッキの爽やかな香りとピリッとした心地よい刺激が口の中に広がります。

次はつぶあんと一緒に食べてみましょう。

夕子(ニッキ)の断面

つぶあんはさっぱりとした甘さで食べやすい。

つぶあんの量はそれほど多くはありませんが、シャキッとする小豆の皮の食感が楽しいです。

後味はとてもすっきり。

やさしい味わいの「抹茶」

深い緑色の生八ツ橋の皮でつぶあんを包んでいます。

生八ツ橋にはきな粉がたっぷり。

夕子(抹茶)

まず香りをチェックしてみましょう。

レイ

そんなに抹茶の香りはしないなぁ。

それではまず皮を食べてみます。

皮は薄めでほどよく噛み応えのある生八ツ橋。

皮だけ食べるとほのかに抹茶の苦味と香りを感じます。

次につぶあんと一緒に食べてみましょう。

夕子(抹茶)の断面

食べてすぐに感じるのはつぶあんの甘さです。

食べた瞬間にねっとりとしたつぶあんの食感と強めの甘さが口の中に広がります。

個人的にはもう少し抹茶が強かったらいいかなと思ったんですけど、こどもにとっては苦くなくて美味しく食べられるかなと思いました。

八ツ橋の定番の味なので間違いなしのおいしさです。

抹茶好きにとってはもう少し苦みがあった方がいいと思うかも。

「夕子(ニッキ・抹茶詰合せ)」の詳細情報

「夕子(ニッキ・抹茶詰合せ)」は井筒八ッ橋本舗の店舗やオンラインショップ、京都駅などのお土産店で購入できます。

商品ラインナップは以下の通り。

  • 10個入り:594円
  • 16個入り:950円
  • 個包装12個入り:1,080円

この他にも季節の生八ツ橋とセットになっている商品もあります。

夕子 春の四味「ニッキ」「抹茶」「桜あん」「いちご」
夕子 冬の四味「ニッキ」「抹茶」「渋皮煮栗」「焼いも」
夕子 (ニッキ・抹茶・いちご詰合せ)「ニッキ」「抹茶」「いちご」

1個あたりのカロリーは次の通りです。

  • ニッキ:59kcal
  • 抹茶:60kcal

原材料など

夕子(ニッキ・抹茶)食品表示

栄養成分表示

夕子(ニッキ・抹茶)栄養成分表示
詳細な情報

2021-01-25時点の情報です

商品名 夕子(ニッキ・抹茶詰合せ)
メーカー 井筒八ッ橋本舗
価格 594円
950円
賞味期限 約10日
原材料 【ニッキ】小豆あん(砂糖、小豆、寒天)、米粉、砂糖、きな粉、桂皮末(ニッキ)/ トレハロース、酵素、(一部に大豆を含む)

【抹茶】小豆あん(砂糖、小豆、寒天)、米粉、砂糖、きな粉、抹茶 / トレハロース、着色料(クチナシ色素、紅花色素)、酵素、(一部に大豆を含む)
ショップ